1. HOME
  2. ブログ
  3. 「読む人に響く文章」をつくるために「明確」にすべきことは?

「読む人に響く文章」をつくるために「明確」にすべきことは?

インターネットを使って多くの人に、あなたやあなたの商品サービスを知ってもらう方法のひとつには、ブログやコラム記事があります。ブログやコラム記事を、作成するときは事前の準備作業に、持っている情熱を注ぐことをおすすめします。

文章を書く前に明確にすべき3つの決めごと

届けたい人に響く文章をつくるためには、以下のことを明確にしなくてはなりません。

◎ 誰に(読者はどんな人か)
◎ 何を (読者が必要としているもの・ニーズ)
◎ 目的は? (文章の目的)

誰に

あなたの商品サービスを買ってくれる人。
あなたの理想のお客様は、誰であるかを明確にしましょう。

細かくピックアップすればするほどよいです。
「年齢・性別・家族構成・仕事・趣味」などです。

何を

読者が何を必要としているのか 。
実は、多くの人がこの工程を簡単に考えてしまっています。

簡単に考えてしまえば、おそらくその文章は読んでもらいたい人には届ことはないでしょう。

言葉で相手を動かそうと思うのであれば、3つの決めごとを明確にして、あなたが持っている情熱を注いで、丁寧な文章をつくることです。

丁寧な文章とは?

ここでいう「丁寧な文章」の定義は「届けたい相手に響く文章をつくり上げる」こと

響く文章とは、ターゲットとなる読者に「私のことだ!」と思ってもらい、その次には行動に移してもらうことができるものであること。

それが「目的を達成できる文章」に、なり得るということです。

会社の事業の企画書やプレゼン資料、ブログにメールマガジンそして、Facebookといった、ソーシャルネットワークサービス、自分以外の人に、文章を使って伝える手段はいく通りもあります。

なかでも、事業の企画書・プレゼン資料の場合は、各段つくりやすい部類です。
なぜなら、見せる相手・読んでくれる相手があらかじめわかっていることが多いからです。

プレゼン資料の場合は、相手が求めていることを聞き取ったうえで、文章をつくることができるという利点があるのです。

メールマガジンも同様、あなたからの情報を待っている人たちに「発信する」というパターンが多いでしょう。メールマガジンの読者は、あなたのコアなファン層となるためあなたからの情報を待っているケースが、大いにしてあります。

そのため、メールマガジンの入り口ともなり、あなたの商品・サービスの資産となり得るブログやコラム記事。この入り口で見せていくものを、明確にすることさえできれば、あなたがつくった文章は、ターゲットに響くものになるでしょう。

ターゲットが求めるものとは

「ここでなら、私の悩みを解決してくれそう」
「お金を払ってでも、手に入れたいものがここにはある」

このように思ってもらえたら、ターゲットの求めるものが明示されている文章であると考えてよいでしょう。

文章作成は、時間がかかるものです。「うまく・はやく書く」ことができるようにその、コツをつかむためのトレーニングを行なうことができるのも、ブログやコラムの執筆です。

たとえば、美味しい野菜をつくるための畑を耕すとき土を起こすことから始めます。土台ができていないところに、肥料をまいても効果はありません。

スポーツ選手が、トレーニングを行なうとき成果が表れやすい順番で、トレーニングを行ないます。筋トレなら、筋肉が効率よくつきやすい手順やプロティンの飲むタイミング、なども計算します。

すべては、土台がつくられていないと、その効果が半減してしまいます。さらには、時間や労力をかけたにもかかわらず、また「イチからやり直し」ということも、起こり得るのです。

文章づくりも、基礎を習得してはじめて応用が、利かせられるようになるということを知っておいてください。

文章をつくるうえでの、習得手順を誤ってはいけません。
順番通りに、正しく行いましょう。