1. HOME
  2. ブログ
  3. WEBライターとは「WEB記事を書く職業」のこと!適性を知ろう

WEBライターとは「WEB記事を書く職業」のこと!適性を知ろう

日々さまざまなWEBコンテンツが生み出されている昨今、WEBライターの認知度は急激に上がってきています。副業、在宅での仕事としてのイメージも浸透してきており、WEBライターという働き方は大きな広がりを見せています。

 

しかし、「WEBライターが実際にどのような仕事をしているのか」という部分については、あまり知られていません。今回は、WEBライターとして働くことに興味を持つ人へ向けて、WEBライターとはどのような職業なのかを解説していきます。

 

WEBライターという職業について知ろう

WEBライターはWEB上で公開する文章を書く仕事ですが、どのような文章を書くものなのでしょうか。まずは、WEBライターという職業の最も基本的な部分から解説していきます。

 

WEBライターの仕事内容

WEB上で文を執筆して収入を得る職業としては、自身のブログを運営して広告収入を得るブロガーなどが挙げられます。WEBライターも同じく、WEB上の文章を書く人には違いありません。ただし、執筆する記事の内容は、依頼主から執筆を依頼されたものです。

 

依頼主は記事のテーマに加え、「どれだけの文字数か」「どこにどんな情報を入れてほしいか」という、文章の細かな点まで内容を指定します。依頼主から執筆を依頼され、依頼主の指定通りに文章を書くのがWEBライターの仕事です。

 

加えてWEBライターの特異な点が、掲載される媒体がWEBであるということです。WEB記事には、「キーワード検索で探しやすい文章になっているかどうか」という点が求められます。

 

ユーザーの求める情報を文章にしていたとしても、検索によって見つけてもらえなければ、記事が読まれることはありません。WEBライターは、WEB上で有効な文章力を求められる仕事なのです。

 

WEBライターの報酬は「一文字ごとの単価」で発生する

WEBライターの仕事の報酬は多くの場合、「一文字〇円」という単価で発生するものです。この単価は、あらかじめ決められた執筆文字数と共に、記事ごとに設定されています。

 

WEBライターとして経験がないうちに受注することができる案件は、一文字0.5円などの低い単価がほとんどです。WEBライターとして収入を上げるには、より単価が高い案件を受けていく必要があります。

 

たとえば同じ2,000文字の記事でも、文字単価が違えば以下のように報酬の差が出てきます。

1文字0.5円:1,000円

1文字1.5円:3,000円

 

この数千円の報酬の差が、記事を数本書くごとに収入の差として広がっていきます。記事を書けば書くだけ大きな収入を得られるということでもありますが、未経験のうちは収入が安定しない場合もあります。

 

中には、企業にWEBライターとして所属して安定した収入を得る人もいます。どのような働き方を選ぶかは、ライターそれぞれの考え方による部分でしょう。

 

WEBライターとして働く手段

WEBライターを始めるのに、特別な知識や資格は必要ありません。未経験のWEBライターでも、仕事を受けて記事を書き始めることが可能です。

 

では、WEBライターの仕事を受けるにはどうすればよいのでしょうか。ここでは、WEBライターとして働く手段を紹介します。

 

クラウドソーシング

未経験のWEBライターが最も仕事を始めやすいのが、クラウドソーシングから案件を探すことでしょう。クラウドソーシングとは、「人材を求める企業」と「仕事を求める人材」の間に入って両者の仲介をする、ネット上のサービスです。

 

クラウドソーシングでは、未経験でも受注可能のライティングの案件が多く公開されています。ただし、クラウドソーシングから誰でも受注できる案件は、比較的単価の安いものばかりです。

 

フリーランス

フリーランスのWEBライターとして、自ら仕事を探していくこともできます。企業に直接売り込みをかけるほか、メディアのライター募集に応募して案件を受けるのもよいでしょう。

 

自分で案件を受けた場合、依頼主とのやり取りが発生します。直接の打ち合わせで交渉が可能なぶん、単価が高い案件も受けやすくなるかもしれません。

 

また、時には書いた文章に対して、依頼主から指摘を受けることもあるでしょう。他人の目が入ることによって、自分では気付けない文の問題点に気付くこともできます。クラウドソーシングの場合は、こうした依頼主とのやり取りができないことも多くあります。

 

ただし、フリーランスのライターを直接募集している案件は、未経験のライターは応募できない場合もあります。応募できる案件がないか、こまめにチェックする必要があるでしょう。

 

企業に勤める

メディア運営やコンテンツ作成をおこなっている会社では、WEBライターを直接雇用したいと考えているケースもあります。

 

フリーランスとして、もしくはクラウドソーシングを利用して働く場合、どれだけ案件を受けられるかは、その時々の状況によって変わってきます。対して、正社員やアルバイトとして企業に所属すれば、安定して仕事と収入を得ることができます。この安定は、フリーランスで働く場合にはない大きな利点です。

 

ただし、企業で働く場合は、勤務時間や勤務場所の制約が発生します。また、社内での会議や書類作成、社内行事など、ライティング以外の業務や付き合いが発生することも多くあるでしょう。

 

フリーランスであれば、いつでも仕事ができ、ライティングの業務に極力集中することができます。組織に縛られずにライターとして専念して働くことを好み、フリーランスとして働く人も多くいます。

 

WEBライターに必要なスキルとは

WEBライターとして働き始めるのは、比較的簡単だといわれます。しかし、WEBライターを長く続けていくためには、必要になるスキルや適性があります。

 

WEBライターに必要なのは文章力だけではない

WEBライターは文章を書くことが仕事です。そのため、文章力は高ければ高いほど望ましいものです。ただし、WEBライターとして働く上では、文章力以外にも求められてくるスキルがあります。

 

情報収集スキル

WEBライターが書く記事は、WEB上で全世界に発信するものです。記事に書かれている情報は正しいものでなくてはなりません。記事に必要な情報を迅速に集め、正しく解釈して記事に落とし込む能力が求められます。

 

コミュニケーションスキル

記事の依頼主には、記事に関する目的や意向があります。依頼主がどのような記事を求めているのか読み取って執筆をする、コミュニケーションスキルも重要なものです。また、読者にとって魅力的な記事を考える能力も、コミュニケーションスキルと言い換えることができるかもしれません。

 

WEBやパソコンに関するスキル

WEBライターの執筆は一般的に、パソコンのオフィスソフトを使っておこなわれます。業務に必要なWordなどのソフトが使えることも、WEBライターにとって必要なスキルです。また、WEB検索で記事が上位に表示されるよう最適化をする「SEO」など、WEBに関する知識も身に付けておくべきです。

 

 

WEBライターに向いていない人とは

どんな仕事にも、性格による向き不向きというのはあるものです。どのような文章を書くか考えることが苦痛な人や、物事を調べることが苦手な人はWEBライターには向いていません。

 

また、WEBライターはひとりでじっくりと考えて作業をする時間がどうしても多くなる仕事です。黙々とひとりでいることが苦手な場合も、WEBライターの仕事を苦痛に思ってしまうこともあるでしょう。また、ひとりで作業をしていく分、スケジュール管理を自身で徹底する必要もあります。

 

上述の向いていない特徴の反対を考えれば、WEBライターに向いている人というのも見えてきます。じっくりと考えることが苦痛でなく、スケジュールを守って作業できる人であれば、「WEBライターの適性がある」といえます。

 

WEBライターは「まず挑戦できる仕事」

WEBライターはただ文を書けばいい仕事ではありません。依頼主の指定したテーマや条件に沿い、読者に必要とされる文章を書くことで、初めて記事として通用する文章ができあがります。

 

考えるべき部分は多くありますが、WEBライターは事前に必要な資格もなく、誰でもまず挑戦することができる仕事です。WEBライターに挑戦してたいと考えている人は、一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

ライティング・ビジネスアカデミーの各コースでは、最短で『ライティングの基礎力』が身に付けられる環境づくりを行っています。まずは、無料メール講座からお試しください。

無料メール講座の登録はこちらから

関連記事