1. HOME
  2. ブログ
  3. WEBライターの将来性は見込めるのか?選ばれるライターになるために

WEBライターの将来性は見込めるのか?選ばれるライターになるために

WEBライターはパソコンひとつで業務に対応できることから、働く場や時間にとらわれない新たな働き方として注目されている職業のひとつです。しかし、WEBライターになるにあたって、職業としての今後の将来性や需要がどの程度見込めるのか、気になる人も多くいるのではないでしょうか。

 

この記事では、WEBライターの今後の将来性や、ライターとして求められる人材になるために必要なことについて紹介します。

 

WEBライターの将来性は明るい!

WEBライターという職業には、大きな将来性があるとされています。一方で「AI技術の進歩によって淘汰されていくのではないか」という指摘があることも事実です。

 

ここでは、なぜWEBライターの将来性が明るいとされているのか、その理由について見ていきましょう。

 

WEBコンテンツの需要はまだあり続ける

インターネットで全世界が繋がる昨今の現状から、将来的にインターネットが一切使われなくなるということはまずありえないと考えられます。

 

また、企業においても業種問わず自社のホームページを持ち、SNSやWEBコンテンツでの情報発信を行うことが当たり前となってきました。

 

スマートフォンの普及によって情報収集のツールが身近になったことも影響し、WEBコンテンツを見る・発信する需要は今後も大きいと予測されます。

 

そんなWEBコンテンツを制作する人材として、WEBライターという職業は多くの企業に求められているのです。コンテンツによる情報発信が今後も行われていく限り、WEBライターは必要とされ続けるでしょう。

 

ライティングのスキルは広く活用できる

WEBライターの仕事は「ライティング」であり、文章を書くことがメインです。うまく文章を書くスキルは、非常に多くの仕事で重宝されるスキルです。

 

ライティングスキルはWEBコンテンツの制作以外にも汎用性が高く、習得すればさまざまな業種で活躍できます。コピーライターや企業のWEBマーケティング担当、紙媒体のライター、さらにはライターを育成する講師業などにも応用できるでしょう。

 

依存しない働き方ができる職業

WEBライターは前述のとおり、場所や勤務形態に依存しない働き方が可能な職業のひとつです。

 

将来どのような状況になっても、パソコンとインターネット環境さえあれば働いて収入が得られるため、柔軟な働き方ができる職業といえます。

 

実際にWEBライターとして働く人の中には、子育てや介護をしながら働く方もいれば、地方に在住しながら都市部の企業から業務の委託を受けているケースもあります。状況や考え方に応じたさまざまな働き方ができるのは、WEBライターならではの魅力です。

 

WEBライターが注意しておきたいこと

ここまで、WEBライターの将来性について明るい面を紹介してきましたが、WEBライターとして「働き続ける」ためには注意しておきたいこともあります。

 

ここでは、注意しておきたいポイントについて、仕事の受け方やスキルアップの方法などを紹介します。

 

依存しない危険性

働き方に依存しないことはWEBライターの大きなメリットである一方で、仕事を受けるメディアやクライアントの入れ替わりが早くなるリスクもあります。

 

メディアの立ち上げ時などは多くの記事が必要でも、その状態が続くわけではありません。企業側の運営が安定したことにより、WEBライターに執筆を依頼する必要性がなくなることもあります。

 

また、WEBライターを始めたばかりの頃は、経験も浅くスキルも少ないことから、報酬の単価が高い案件を受注するのは難しいものです。

 

単価をアップしていくには経験・実績が重要になります。実績を積むためには、ひとつのクライアントに固執せず、複数の企業から仕事を受注していくことをおすすめします。

 

複数の企業から仕事を受注していれば、万が一発注がストップする企業が現れても、ほかの企業から受注を増やすことでカバーできます。また、複数の企業から異なる案件を引き受けることで、WEBライターとしてさまざまなジャンルの案件を引き受けられる強みにもなります。

 

高品質な記事を書けるよう努める

近年、検索媒体のアップデートにより、専門性が薄い記事や、ほかの文をコピーしているような記事は低評価になり、検索上位に表示されにくくなってきています。

 

また、昨今ではAIによるライティングツールの開発も進んでいます。もし将来ライティングツールが発達すれば、ライティングスキルが乏しい未熟なライターは、仕事を継続することが難しくなる可能性があります。

 

しかし、オリジナリティがあり、読者の感情に訴えかけられるような訴求力のある文章は、生身の人間にしか書けません。読者のニーズを満たす高品質な文を書けるようになれば、プロのライターとして認められて、仕事も増えていきます。

 

ライティングのスキルを上げるには、幅広いジャンルの執筆を行い、数をこなして経験や実績を作るのをおすすめします。また、スキルアップのためにセミナーを受講するのもよいでしょう。

 

経験や感覚だけでスキルを身につけるのは難しいものです。セミナーでプロの添削を受けることで、独学ではたどり着けなかった、よりレベルの高いライティング技術を身につけられます。

 

WEBライターを始めて安定的な収入の確保へ

WEBライターの仕事は紙媒体よりも間口が広く、文章を書いた経験のない人でも始められる仕事です。

 

ただし、安定して生活できるレベルの収入を得るためには、スキルアップが欠かせません。ライティング・ビジネスアカデミーでは、WEBライターの将来性も見据えた、実践的なプロのライティングスキルを学ぶことができます。

 

ライターとしてのキャリアアップを目指している人はぜひ一度、ライティング・ビジネスアカデミーが開催しているセミナーに参加してみてください。

関連記事