1. HOME
  2. ブログ
  3. WEBライターになるには?仕事を始める方法と必要なスキルを解説

WEBライターになるには?仕事を始める方法と必要なスキルを解説

WEBライターとは、依頼を受けて文章を書き、WEB上に記事として発信していく仕事です。WEBに関する仕事のひとつとして近年広く認知されてきており、副業としても人気の職業です。

 

しかし、これからWEBライターを始めたいという人の中には、「どうやってWEBライターになればよいのかわからない」という人も多くいます。今回はWEBライターになるにはどうすればよいのかなど、WEBライターの仕事を始める上で覚えておきたいことを解説します。

 

すぐにでもWEBライターになれる

WEBライターは、文章が書くことが好きな人であれば誰でもチャレンジができる職業です。WEBライターになるために、特別な技術や資格などは必要ありません。難しい言葉を使う必要はなく、パソコンを扱える人ならトレーニングをすればWEBライターの仕事を始めることができます。

 

なかには、単価は低いですが「未経験可」で募集している案件もあります。しかし、WEBライターの仕事を始めるには、いくつかの手段があります。ここでは、具体的にどのように仕事を受けていけばいいのかを解説していきます。

 

WEBライターになる方法

WEBライターになるには、大きくわけて3つの手段があります。ひとつは、WEBライターを直接雇用している企業に入ることです。

 

いきなり社員として働くのは難しいかもしれませんが、アルバイトやパートなどであれば、未経験からでも採用している企業が多くあります。まずはアルバイトなどでコンテンツ作りの経験を積み、キャリアアップを目指していくとよいでしょう。

 

もうひとつは、フリーランスとして案件を探すことです。多くの企業はフリーランスのライターに対して、業務委託の募集をおこなっています。

 

フリーランス向けの案件はライターとしての経験が必要になる場合も多いですが、中には未経験で応募できる案件もあります。自社のサイト内で募集をしていることもあるので、書いてみたいメディアなどがあれば、こまめにチェックしてみるのもよいでしょう。

 

企業と直接業務委託や雇用の契約を結ぶほかに、クラウドソーシングというサービスを利用する手もあります。クラウドソーシングとは、仕事の依頼や受注をWEB上でおこなうことができる、仲介所のようなサービスです。

 

クラウドソーシングのサイトに登録すれば、自分が受注できる案件をサイト上で閲覧することができます。書きたい案件があれば申し込みをして、そのまま仕事を始めることが可能です。

 

一記事単位での募集も多く出ており、未経験のライターでも気軽に仕事をすることができます。WEBライターの仕事を始める初心者は、まずここで記事を書いてみるのもよいでしょう。

 

「高収入のWEBライター」になるのは難しい!

WEBライターになることは難しくはないですが、ハードルが高いのが「高収入のWEBライター」になることです。

 

未経験のライターでも書ける記事は、ライティングのスキルをあまり必要としない、簡単な仕事です。誰でもこなせてしまうぶん、報酬も安く設定されています。

 

WEBライターの報酬は基本的に文字単価で計算されます。たとえば未経験のライターが「一文字0.5円で2,000文字」の記事を2時間で書いたとすると、最終的な報酬は1,000円、時給にして500円という計算になります。

 

高収入のWEBライターになるには、相応のスキルを身に付けて、より高い文字単価の案件を受けられるようにならなければなりません。WEBライターに求められるスキルを知り、それを身に付けていく努力が必要になります。

 

WEBライターに求められるスキル

高単価のWEBライターになるためには、さまざまなスキルが必要です。ここでは、とくに求められる場面が多いスキルについて、解説をしていきます。

 

文章の基礎力

文章を書く仕事ですので、文章力は高いほうが望ましいものです。文章の書き方に悩んでいる時間を短くできれば、記事を書き上げる時間を短縮し、同じ時間でもより多くの報酬を稼ぐことができます。

 

ライティングの初心者が、まず身に付けるべきなのが、PREP法など、論理的な文章を書くための型です。型に当てはめることで、自然な文章をスピーディに執筆することができます。また、わかりやすく内容を説明できるようにもなるため、文章のクオリティアップにもつながります。

 

必要な情報を書くスキル

仕事として文章を書いて発信する以上、嘘の情報を書くことは許されません。必要な情報を調べて正しく記事に落とし込むスキルも重要なものです。

 

記事を書く際には、その記事を読む読者がどんな情報を求めているのかを考えることが重要です。必要のない情報について書いていたり、情報が足りなかったりする場合、読者は他の記事の情報を求めてブラウザバックしてしまうでしょう。読者に疑問を残さない文章作りを心がけましょう。

 

文字単価を上げるという意味では、いくつか詳しく書けるジャンルを作るのもよいでしょう。事前知識を持って詳しく書けるジャンルがあれば、そのジャンルにおいて専門的な内容を求める仕事で重宝されます。書ける人が限られる案件は、高い報酬も期待できます。

 

WEBやマーケティングに関する言葉を知っておこう

WEBライターはただ文章を書くだけでなく、文章によってWEBマーケティングをおこなう仕事でもあります。仕事をしていると、WEBやマーケティングに関する専門用語に触れる機会が多くあることでしょう。

 

それらの言葉の知識や、関連するスキルを身に付けておけば、仕事の話もスムーズに進めることができます。SEOライティングやオウンドメディアの構築など、WEBマーケティングに関してより高度な仕事もおこなえるようになれば、ライターとしての幅も広がります。

 

WEBライターに向いている人とは

WEBライターは誰でもまずチャレンジすることができる仕事ですが、とくに向いているとされる人には、以下のような特徴があります。当てはまる部分があれば、ぜひWEBライターの仕事にチャレンジしてみるべきです。

 

他人本位で考えられる人

WEBライターは常に読者の目線に立って、読者が記事から何を読み取ろうとしているのかを分析して記事を作らなければなりません。常に主軸にあるのは、読者が何に悩み、何を解決したいのかという問題です。

 

自分本位で伝えたい情報を好きなように並べるだけでは、読者が納得できないことが多くなってしまいます。普段会話をする中でも、聞き上手でしっかりと的確なアドバイスができる人は、WEBライターの適性が高いといえます。

 

ひとりの作業でも苦にならない人

WEBライターは、ひとりで考えて作業をする時間が非常に多い仕事です。ひとりで黙々と作業することが苦になる人には、WEBライターの仕事はつらいものかもしれません。

 

とくにフリーランスなど家で仕事をする場合、仕事のスケジュールも全て自分で管理する必要があります。ひとりで集中して作業することが苦ではなく、自己管理をして行動できる人は、WEBライターの仕事をしていくのに向いています。

 

調べることが得意な人

WEBライターは物事を調べることが非常に多い仕事です。なぜなら、一つひとつの記事に必要な情報は、一切の嘘がないように裏付けをして書かなければならないためです。

 

また、WEB記事のトレンドにもアンテナを張っておく必要があります。その時々で記事を見てもらいやすくなる文章とはどのようなものかを調べ、分析する能力は重要なものです。

 

わからないことや気になることをすぐ調べる癖があるなら、それはWEBライターの仕事で重宝されるスキルになります。

 

WEBライターになるにはまずチャレンジしてみること

WEBライターは未経験の人でも、すぐにチャレンジすることができる仕事です。

高収入を得るWEBライターになるには相応の努力が必要ですが、求められるスキルを理解して経験を積めば、一人前のWEBライターになることができるでしょう。文章を書くことに興味があるなら、ぜひWEBライティングの世界に足を踏み入れてみてください。

 

ライティング・ビジネスアカデミーが行っている、ライタープロ養成コースの「カリキュラム」は、ライター未経験者や初心者の人のためのカリキュラムとなっています。

 

入校して3カ月前後で、ライティング基礎力が身に付き、4カ月目にはライターとして仕事を始めることができます。

 

ライティング・ビジネスアカデミーが開催している「スクール説明会」や「仕事を獲得する方法がわかるセミナー」では、「ライターのロードマップ」をお見せしながら、重要なことをお伝えしています。

 

ぜひ、ライティング・ビジネスアカデミーの「スクール説明会」もしくは「仕事を獲得する方法がわかるセミナー」へご参加ください。

関連記事