1. HOME
  2. ブログ
  3. SEOとは何かを知ろう!WEBライターが身に付けておくべき対策とは

SEOとは何かを知ろう!WEBライターが身に付けておくべき対策とは

WEBライティングやWEBマーケティングをしている中で、「SEO」という言葉を聞く機会は非常に多くあるものです。SEOはWEBに携わる仕事をしていく上で重要な知識であり、WEBライターもその意味をよく知っておく必要があります。

 

SEOとはどのような意味を持った言葉なのか、なぜ重要とされるのかを知れば、WEBに携わる人として、よりクオリティの高い仕事をしていくことにつながります。今回はWEBライターに向けて、SEOとはなんなのかを解説します。

 

SEOとは「検索で上位表示させるためのテクニック」

SEOとは、Search Engine Optimizationという言葉の略語で、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」という意味を持ちます。

 

Googleなどの検索エンジンは、各WEBサイトに対して評価を行っています。WEBサイトを最適な状態にして高評価を受けることで、関連するキーワード検索にてサイトを上位表示することができるのです。

 

SEOとは検索エンジンに高評価を受けて上位表示をさせるためのテクニックであり、関連した対策を行うことを「SEO対策」といいます。

 

SEO対策は、WEBサイトを運営する企業や事業主にとってはとくに必須の技術だといえます。なぜWEB上では、SEO対策で上位表示を狙う必要があるのでしょうか。

 

SEO対策を行うメリット

SEO対策を行うことで、WEBサイトを運営する企業や事業主には、以下のようなメリットがあります。

 

WEBサイトの集客効果が高まる

検索エンジンは、情報の網羅性や信ぴょう性、独自性が高く、ユーザーの需要が高いコンテンツを評価して上位表示します。そのため、SEO対策を行うことは、ユーザーにとって良質なコンテンツをつくることと同義であるともいえます。

 

基本的に企業や事業主がWEBサイトを運用するのは、自社で展開しているサービスや製品の売り込みにつなげるのが目的です。良質なコンテンツを発信できれば、自社のファンを増やし、サービスの利用者を増やすことにつながります。

 

また、検索で上位表示されることで、WEBサイトは多くの人の目に留まり、アクセス数はさらに増大します。WEBサイトから十分な集客ができるようになれば、広告費を削減するなど、より実質的な利益につなげることもできるでしょう。

 

検索流入によってWEBサイトの集客効果を高めることができるのは、SEO対策の大きなメリットになる部分です。

 

SEOでブランディングができる

SEO対策をしてサイトが多くの人の目に留まることで、サイトの認知度は大きく高まります。漠然としたキーワードではなく、サイト名で直接検索をするユーザーも出てくるでしょう。

 

SEOを強化することでWEBサイトが広く認知されれば、そのサイトは一定のブランド力を手に入れたといえます。SEOによるブランディングを成功させれば、安定して上位表示される状態になり、企業としてはさらなる顧客の獲得にもつながります。

 

SEO対策を通して、WEBサイトは大きく価値を高めることができます。WEBサイトの価値を高めて資産化することが、SEO対策を行う総合的な目的といえるでしょう。

 

SEO対策を行う必要性

WEB媒体の普及によって、WEBサイト運営によるマーケティングは必須のものとなっています。しかし、WEB上には膨大な量のサイトがあります。単にWEBサイトを立ち上げただけで対策を行っていない状態では、ユーザーに見つけてもらうことが難しくなります。

 

そこで、ユーザーに対してWEBサイトの存在を知らせるための行為が、SEO対策です。SEO対策をして狙いとするユーザーにWEBサイトの存在を知ってもらうことで、初めてWEBサイトによるマーケティングが成立します。

 

このことから、SEO対策はいまやWEB運営をする上で必須の技術となっています。とくにWEBサイト内のコンテンツの質は、SEOに深く関わる部分です。WEBコンテンツの制作に携わるWEBライターは、SEO対策について理解しておく必要性があります。

 

SEO対策を実践しよう

ここからは、WEBライターがSEO対策として実際に何をしていけばよいのかを解説していきます。

 

現状のSEO対策は、Googleのエンジンに対する対策とも言い換えられます。全世界の検索エンジンの9割以上は、Googleの検索システムをもとにしているため、Googleのエンジンで上位表示される仕組みを考えていくことが重要になります。

 

Googleの検索エンジンに向けたSEO対策として、おもに以下のポイントに気を付けましょう。

 

検索キーワードの設定

上位表示を狙う検索キーワードの設定はとくに必須の対策だといえます。記事を執筆するWEBライターは、設定した検索キーワードをページタイトルやディスクリプション、記事の本文に組み込むようにしましょう。

 

検索キーワードを設定する方法や基準はさまざまです。まずひとつに、検索者がどんな人物かイメージを練る方法があります。検索者はどんな悩みを持ったどんな人か、どんな情報を求めて何を解決しようとしているのかなどを考え、検索に使うキーワードを設定します。

 

また、検索キーワードを決めるときのひとつの指標になるのが、「検索ボリューム」という数値です。これは、その検索キーワードがどれだけの頻度で使われているかを数値化したものです。

 

検索ボリュームは、Googleが提供しているキーワードプランナーなどのツールを使って確認することができます。検索ボリュームが大きいキーワードでSEO対策を行えば、その分多くの人の検索欄に記事を表示させることもできます。

 

しかし、検索ボリュームが大きいキーワードは、上位表示を狙うサイトも多くあります。そのため、あえて検索キーワードが小さめのキーワードで上位表示を狙い、より確実に顧客を獲得しようとすることもあります。

 

品質の高いコンテンツを目指す

Googleの検索エンジンは、ユーザーにより必要とされている品質の高いコンテンツを評価する傾向があります。顧客をより確実に獲得する意味でも、記事の品質を高めることは重要です。

 

品質の高いコンテンツの指標としては、「ほかのサイトと内容の重複がなく、十分な情報量があるコンテンツ」であることが挙げられます。

 

ほかのサイトと内容が重複したサイトを、Googleは評価しません。とくに内容だけでなく、文体までコピーしているような記事は、著作権的にも大きな問題があります。ほかのサイトを参考にした情報も、あくまで自分の言葉でかみ砕いて執筆するようにしていきましょう。

 

また、情報量の少ないコンテンツは、検索者にも評価されません。検索者が必要とするだけの専門性を持った記事を執筆するように心がけましょう。

 

より多くのユーザーにシェアしてもらうよう対策する

外部のサイトが自分のサイトのリンクを張り付けて紹介することを、「被リンク」といいます。多く被リンクを獲得することは、SEOにおいて非常に重要な評価基準となります。

 

しかし、何も関連性のないコンテンツにまで大量にリンクが貼られているなど、数だけを重視した被リンクは評価されません。「外部サイトの情報を補完する情報がある良質なコンテンツ」として、自然に被リンクを獲得することで、初めて評価につながります。

 

自然な被リンクを獲得するには、ほかのサイトにはない独自性や専門性のあるページであることが望まれます。被リンクに関するWEBライターの役割も、良質なコンテンツを作ることに帰結するといえます。

 

SEOツールを活用する

SEO対策をした上で取り組まなければならないのが、SEOツールを使用したページの分析です。対策を施したページが本当にSEOの効果を得られているのか、その後の状態を追って、問題があれば修正をしなければなりません。

 

ページの分析は、WEBライターの仕事というよりも、WEBライターに依頼をする担当者に関わる部分が多い仕事です。しかし、WEBライターもツールの種類や分析の仕組みを理解しておくことで、記事作りにおいて話をすり合わせやすくなるでしょう。

 

ページ分析を行うツールはじつにさまざまです。Googleが提供しているものをはじめ、個人で開発しているようなツールも存在します。ここでは、とくに代表的なツールを一例として紹介します。

 

Googleサーチコンソール

Googleから無料で提供されているページ分析ツールです。WEBページ内部の最適化に関するあらゆるデータを照合することができる、SEO管理において最も基本的なツールです。

 

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、ユーザーの行動を把握するためのアクセス解析ツールです。WEBページを利用するユーザーがどのように検索して、何を求めてページにたどり着いているのかを分析することができます。

 

Gyro-n SEO

Gyro-n SEO(ジャイロンSEO)とは、キーワードごとのSEOの順位をチェックすることができるツールです。自分のサイトが狙ったキーワードで今どこに表示されているのかが瞬時にわかります。

 

また、Gyro-n SEOでは過去12か月間の検索結果を保存しており、ほかのサイトの状況がどのように変化しているかを分析できます。「競合サイトのタイトルが変わったために自分のサイトの順位が下がった」などの原因を見つけることができ、その後の対策にも大いに役立てることができるでしょう。

 

SEOの知識は常に更新していこう

現在のGoogleは、良質な被リンクを集める高品質なコンテンツを評価する傾向があります。しかし、この傾向は度重なる検索エンジンのアップデートによって形成されてきたものです。

 

以前は被リンクの質までは評価しておらず、リンクの数だけを集めて対策をしたようなサイトが上位表示されることも多くありました。そうして低品質なサイトが上位に表示されることがないように、Googleが評価基準をアップデートしたのが現在の方式になります。

 

また、現在はGoogleの検索エンジンに対応することで、ほぼすべての環境におけるSEO対策が行えるようになっています。しかし、将来Googleにとって代わる、新たな方式の検索エンジンが主流になる可能性もあります。

 

SEO対策は、その時々で主流となっている検索エンジンの仕様に合わせて、手法を細かく変えていく必要があるのです。そのため、常に知識を吸収し、時代に合った対策を考慮していく必要があります。

 

深いWEBの知識を身に付けるとともに、最新のSEOの知識を吸収していくことも忘れないようにしていきましょう。

 

WEBライターとしてSEO対策を意識していこう

SEOとは、検索によってWEBサイトが上位表示されるよう、サイトの中身を最適化することです。SEO対策を行うことで、サイトを運営する企業や事業者は、WEBサイトを資産化し、さまざまなメリットを受けることができます。

 

WEBサイトの中身になるコンテンツを生み出すWEBライターも、どのような文章を書けばSEOの対策ができるのかをよく理解しておく必要があります。

 

 

ライティング・ビジネスアカデミーでは、SEO対策まで意識した、実践的なライティング技術を身に付けることができます。プロのWEBライターとしての技術と知識を身に付けたい人は、ぜひ受講を検討してみてください。

関連記事