1. HOME
  2. ブログ
  3. オウンドメディアの意味を知ろう!WEBライターに重要な理由とは

オウンドメディアの意味を知ろう!WEBライターに重要な理由とは

近年、「オウンドメディア」というものが、WEBマーケティングにおいて重要視されています。文章によるWEBマーケティングを担うWEBライターも、オウンドメディアの意味について理解しておかなければなりません。

 

今回はオウンドメディアについて疑問を持つ人に向けて、オウンドメディアという言葉の意味や、オウンドメディアを活用する意味を解説します。

 

オウンドメディアという言葉について知ろう

オウンドメディアという言葉は、WEBライティングの業務でとくに重要な呼び名です。しかし、仕事を始めたばかりのWEBライターは、聞き馴染みがない人も多いでしょう。まずは、オウンドメディアとは何かを知っていきましょう。

 

オウンドメディアの定義

マーケティングを知る上で重要となるのが「トリプルメディア」という総称についてです。トリプルメディアは、企業がWEB集客やマーケティングに使用する媒体を、それぞれの持つ利点や役割に応じて3つの種類にわけたものです。オウンドメディアは、トリプルメディアのうちのひとつに含まれます。

 

オウンドメディアは、広義では「自社で保有するメディア」という意味を持ちます。ブログやSNSのアカウント、ホームページなど、企業や事業主が保有、および運営している情報サイトは、すべてオウンドメディアに含まれます。

 

日本での狭義としては、コラムサイトやWEBマガジンなどを指してオウンドメディアという場合が多くあります。そして、これらの媒体の中身となる文章(コンテンツ)をつくるのが、WEBライターです。

 

つまり、オウンドメディアの制作は、WEBライターの「文章を書くという仕事」に直結するものです。そのため、WEBライターはオウンドメディアについてとくにくわしく知っておく必要があるのです。

 

「コンテンツマーケティング」との違い

WEBライターにとって関連深いマーケティングの知識として、「コンテンツマーケティング」という言葉があります。コンテンツマーケティングとは、WEBライターが書く記事などのコンテンツを利用して集客を行うことを意味します。

 

コンテンツマーケティングは、「コンテンツを利用する」という共通点から、オウンドメディアと混同して覚えられることが多い言葉です。しかし、両者の立ち位置はそれぞれ異なります。

 

たとえば、コンテンツマーケティングとは、マーケティングの手法を指す言葉です。WEBライターが書くWEB記事以外にも、紙媒体やイベントを活用したマーケティングは、すべてコンテンツマーケティングといえます。

 

オウンドメディアとは、コンテンツマーケティングを行うために活用する媒体のことを指します。手法と媒体の違いを混同せず、用語を使いわけましょう。

 

オウンドメディアを活用する意味

オウンドメディアを、多くの企業が活用しようとしているのには意味があります。ここでは、なぜ企業がオウンドメディアを使うのか、オウンドメディアを活用すると何が起きるのかを解説していきます。

 

オウンドメディアを活用する意味を知ることで、WEBライターとしてどのようにコンテンツをつくるとよいか見えてくるでしょう。

 

ユーザーからサービスに接してもらう

オウンドメディアを運営する最も大きな目的は、ユーザーから自発的に自社のサービスに接してもらうことです。

 

企業はユーザーにサービスを知ってもらうため、あらゆる広告を活用しています。WEBを利用している中でも、バナー広告など、多種多様な広告を見かけることでしょう。

 

企業が費用を支払って掲載する広告、主にテレビやラジオといった媒体が「ペイドメディア」と呼ばれ、トリプルメディアのひとつとして定義されています。

 

ペイドメディアのように企業が広告を打つのは、あくまで一方的なメッセージにすぎません。広告を見る人はサービスを必要としていない場合も多く、積極的に興味を持って顧客になる人はごく一部です。

 

一方、オウンドメディアは、WEB検索を使って行動を取るユーザー側から見つけてもらうものです。サービスを必要とする状況にあるユーザーにとって魅力的なコンテンツを発信することで、自社のファンになってもらうことができて、顧客の獲得を実現します。

 

発信者側、つまり企業から歩み寄るのではなく、需要が合致するユーザーと自然に接点を持つことができるのが、オウンドメディアの特徴です。そのために、WEBライターはユーザーが求める情報を盛り込んだ、魅力的なコンテンツをつくる必要があります。

 

広告手法の適正化

ペイドメディアは、上述したように一方的な発信であるがゆえのデメリットもありますが、即効性の高い優秀な集客手段でもあります。新規サービスの立ち上げ時など、一気に認知度を増やすためには、ユーザーの行動を待つオウンドメディアよりも有効な手段だといえるでしょう。

 

とはいえ、ペイドメディアは外部に依頼するコストが掛かることから、継続して利用するリスクが高い媒体です。オウンドメディアによる集客を強化できれば、ペイドメディアによる集客に依存する必要はなくなります。

 

オウンドメディアによる自社のサイトの運営は、基本的に外部への広告依頼よりも低コストで行えるものです。オウンドメディアの運営を継続していくことで、外部への依存をなくして広告費を抑え、広告手法の適正化を図ることができます。

 

発信する内容をコントロールできる

オウンドメディア独自のメリットとして、発信する内容のコントロールが可能な点が挙げられます。オウンドメディアの記事は公開前に自社で精査し、公開後も必要に応じて内容を修正することができます。

 

発信する内容をコントロールすることで、企業が確立しようとしているブランドイメージを守り、正しくユーザーに伝えることが可能になります。オウンドメディアによって企業のイメージ向上につなげられれば、益々多くの集客も期待できるでしょう。

 

永続的な集客効果がある

オウンドメディアに発信するコンテンツは、一度公開すれば、自主的に削除しない限りWEB上に残り続けます。ユーザーがサービスに興味を持つようなコンテンツが作ることができれば、大きなコストを掛けずに、永続的に集客効果を得ることができるのです。

 

また、オウンドメディアから発信できるコンテンツは、ひとつだけではありません。同様に集客できるコンテンツを増やしていくことで、新たなユーザーとの接点を増やすことができます。

 

運営を継続していくほどに、オウンドメディアは大きな効果を持ち、価値を高めていきます。WEBライターが価値のある記事を多く執筆して、オウンドメディアを継続させることは、企業にとって大きな利益をもたらすきっかけになるのです。

 

企業がWEBライターを探す意味

オウンドメディアの運営を行っていくことで、企業にはさまざまなメリットがあります。

 

しかし、そのメリットを実現するためには、まずユーザーに見つけてもらい、必要とされるコンテンツをつくる必要があります。コンテンツに対してユーザーから反応がなければ、集客につなげることはできません。

 

価値のあるオウンドメディアをつくるためには、多くの人に情報発信するためのWEBの知識と、専門性の高いコンテンツを生み出すライティングスキルが必要になります。

 

WEBライターはオウンドメディアの必要性を理解した上で、その強みを活かすことができる記事を執筆しなければなりません。オウンドメディアの運営に対して意識を向けて価値のあるコンテンツを作り、企業が求めるWEBライターになりましょう。

 

価値あるオウンドメディアを作るWEBライターになろう

オウンドメディアとはおもに、企業が運営するコラムサイトやWEBマガジンのことを意味します。WEBライターが良質なコンテンツを生み出してオウンドメディアから発信することで、企業や事業主には大きな利益が生まれます。

 

オウンドメディアの意味や必要性を理解して、強みを活かすことができるライティングをすることで、企業から必要とされるWEBライターになることができるでしょう。

 

ライティング・ビジネスアカデミーでは、価値あるオウンドメディアを作るためのライティングスキルを学ぶことができます。WEBライターとしての成長を目指したいかたは、ライティング・ビジネスアカデミーの体験セミナーの受講をおすすめます。

「WEBライターの仕事は?収入は?」「仕事の探し方は?」「独立したときのWEB集客方法は?」など、WEBライターやライティングについて、日々の疑問を紐解く体験セミナーはこちらでご案内しています

メールマガジンの無料購読はこちらから

関連記事