1. HOME
  2. ブログ
  3. 商品が売れる!人を動かす文章の書き方は「共感」が大切!?

商品が売れる!人を動かす文章の書き方は「共感」が大切!?

昨今はオンラインショップが一般的になり、スマートフォンやパソコン一つで手軽に商品やサービスを購入できるようになりました。そのため、WEBサイトやブログを運営する人のなかには、ネット上で商品やサービスを売るための文章を書きたいと考える人もいるのではないでしょうか。

そこで、今回は、人の心を動かす「商品やサービスが売れる文章」の書き方やそのコツを紹介します。

 

商品やサービスを売る文章とは

文章には、人に商品やサービスを売ることができる力があります。ここでは、代表的なライティングテクニック・エモーショナルライティングを紹介します。

人を動かす文章術

文章で人を商品やサービスの購入に誘導するには、感情に訴えかけることが大切です。たとえば広告を思い浮かべてください。新聞や雑誌、電車などでよく見る広告には、人の感情や欲望を刺激する魅力的な文言が並んでいます。

広告と同じく、文章で商品やサービスを買ってもらう場合も、感情を刺激し、盛り上げ、消費者の「買いたい」「買わなきゃ損をする」という気持ちを喚起する書き方をする必要があります。感情に訴えかける文章には、人を動かす力があるのです。

エモーショナルライティングとは

人の感情に訴えかけ、行動を起こさせる文章の書き方を「エモーショナルライティング」といいます。情報を正しく伝え、理解を促す「ロジカルライティング」と対をなすテクニックです。

エモーショナルライティングでは、共感がポイントになります。共感とは読者の気持ちに寄り添い、困りごとや悩み事、あるいは「こうなりたい」という欲求に理解を示すことです。

共感の力を使い、読者に「この記事の書き手は私の気持ちを理解してくれている」という信頼感や安心感を芽生えさせ、購買行動を促す文章技術。それがエモーショナルライティングです。

 

 

エモーショナルライティングのテクニック

ここでは、エモーショナルライティングでとくに重要なテクニックについて紹介します。

共感を呼び起こす

エモーショナルライティングでは共感を呼び起こすことが重要です。具体的には、以下の2つの方面から共感を誘います。

・ポジティブな感情を刺激する
1つがポジティブな感情を刺激し、共感を呼ぼ起こす方法です。具体的には、読者に「あなたが扱う商品やサービスを使うことで、どのような良いことがあるか」を並べ立てます。

たとえば、ダイエットサプリを売りたいとします。商品の効果や成分を説明する前に、次のような利益を想像させます。「痩せてオシャレなアパレル店に臆することなく入れるようになった」「痩せて異性から声をかけられるようになり、イケメンの彼氏ができた」。

以上のように「良い未来」「理想の姿」をイメージさせるような一文を書き、購買意欲を盛り上げるのです。

・ネガティブな感情を刺激する
もう1つが、悩み事や困りごとなど、ネガティブな感情を刺激する方法です。たとえば、ダイエットサプリの場合、「食事制限でお腹いっぱい食べられないツラさ」や「ダイエットのための運動の苦しさ」などに共感を示します。

その上で、ダイエットサプリの手軽さや効能を説明すると、そのような苦しみから解放されたい人の心に響く文章になります。

自分事化させる方法

人は、自分に関係のない出来事には心を動かされません。そこで重要になるのが「自分事化」させるテクニックです。自分事化とは、自分に関係があると思わせることをいいます。たとえば、次のような方法で、自分事化させることができます。

・問いかけを入れる
人は質問されると、無意識に答えを探し始めます。問いかけと回答を繰り返すうちに、自分に関係のあることだと認識するようになります。

・商品やサービスを使った姿を想像させる
ポジティブな感情を刺激することと似ていますが、商品やサービスを使うことで「あなたの暮らしがこんなに良くなります」と例で示すことも有効です。具体的な利益を描写することの他に、商品やサービスを利用したお客様の声や、口コミサイトの評判を記載するなどの方法があります。

 

エモーショナルライティングの学び方

エモーショナルライティングには、ここで紹介した以外にも、さざまざなテクニックがあります。他のライティング技術同様、具体的なテクニックを知り、実際に使ってみることが上達の近道です。

安価に始めたい人は、書籍やネットで学ぶことがおすすめです。売り上げに直結するエモーショナルライティングは、ビジネスの世界では一般的な手法です。そのため、コピーライティングやセールスライティングの分野でさまざまなテクニックが紹介されています。

また、エモーショナルライティングには多くの型が発明されています。「AIDCAS」「PASNA」などの型について学び、その通りに書いてみるとよい練習になるでしょう。

早く上達したい人は、文章講座を受けることがおすすめです。費用はかかりますが、ライティングのプロから実践的なテクニックを教えてもらえたり、自分が書いた文章を添削してもらえたりします。

 

お客様の気持ちを想像しよう

エモーショナルライティングは、商品やサービスを売りたい記事を書くときに最適なテクニックです。なぜなら、読者の気持ちに共感し、買いたい気持ちを盛り上げる力があるためです。

エモーショナルライティングが十分な効果を発揮するためには、お客様の気持ちを理解することが大切です。具体的な読者像を想像し、そのたった一人に向けて書くことで、ターゲットの心に響く文章が書けるようになるでしょう。

関連記事